Publication

Journal Papers
  1. F. Yamashita, H. Hara, T. Itoh, M. Hashida, Novel Hierarchical Classification and Visualization Method for Multiobjective Optimization of Drug Properties: Application to Structure-Activity Relationship Analysis of Cytochrome P450 Metabolism, Journal of Chemical Information and Modeling, Vol. 48, No. 2, pp. 364-349, 2008.
  2. K. Nishiyama, T. Itoh, PROTEIN: A Visual Interface for Classification of Partial Reliefs of Protein Molecular Surfaces, The Institute of Image Electronics Engineering of Japan, Vol. 37, No. 3, pp. 181-188, 2008. (PDF)
  3. T. Itoh, S. Furuya, H. Ohshima, K. Okamoto, Hierarchical Data Visualization for Atomic Plant Data, Journal of Fluid Science and Technology, Vol. 3, No. 4, pp. 553-562, 2008. (PDF)
  4. T. Tanaka, T. Itoh, N. Sakamoto, K. Koyamada, An Interactive Approach for Hierarchical Parameter Optimization, Journal of Fluid Science and Technology, Vol. 3, No. 4, pp. 586-597, 2008.
  5. M. Hirano, T. Itoh, S. Shirayama, Numerical Visualization by Rapid Isosurface Extractions Using 3D Span Spaces, Journal of Visualization, Vol. 11, No. 3, pp. 189-196, 2008.
  6. 橘, 伊藤, 左京と右京:大規模表形式データの可視化の一手法, 芸術科学会論文誌, Vol. 7, No. 2, pp. 22-33, 2008. (PDF)
  7. 山澤, 伊藤, 山下, 十二単ビュー:階層型多変数データの可視化と詳細度制御の一手法, 芸術科学会論文誌, Vol. 7, No. 2, pp. 85-96, 2008. (PDF)
  8. 五味, 宮崎, 伊藤, Li, CAT:大量画像の一覧可視化と詳細度制御のためのGUI, 画像電子学会誌, Vol. 38, No. 4, pp. 436-443, 2008. (PDF)
Reviewed Conference Talks (in English)
  1. A. Nagasaki, T. Itoh, M. Ise, K. Miyashita, A Correlation-based Hierarchical Data Visualization Technique and Its Application to Credit Card Fraud Data, 1st International Workshop on Super Visualization, 2008.
  2. M. Yamazawa, T. Itoh, F. Yamashita, Visualization and Level-of-Detail Control for Multi-Dimensional Bioactive Chemical Data, 12th International Conference on Information Visualization (IV08), pp. 11-16, 2008. (PDF)
  3. A. Gomi, R. Miyazaki, T. Itoh, J. Li, CAT: A Hierarchical Image Browser Using a Rectangle Packing Technique, 12th International Conference on Information Visualization (IV08), pp. 82-87, 2008. (PDF)
Conference Talks (in English)
  1. A. Gomi, R. Miyazaki, T. Itoh, J. Li, A Keyword-driven User Interface for Hierarchical Image Browser CAT, IEEE Pacific Visualization Symposium, 2008. (PDF)
  2. H. Tachibana, T. Itoh, Visualization of Corpus Data by a Dual Hierarchical Data Visualization Technique, IEEE Pacific Visualization Symposium, 2008. (PDF)
  3. M. Yamazawa, T. Itoh, F. Yamashita, Visualization and Level-of-Detail Control for Multi-Dimensional Bioactive Chemical Data, IEEE Pacific Visualization Symposium, 2008. (PDF)
  4. R. Miyazaki, T. Itoh, 3D Contents Browser Using a Cluttering-Avoided Visualization Technique, IEEE Pacific Visualization Symposium, 2008. (PDF)
  5. T. Tanaka, T. Itoh, N. Sakamoto, K. Koyamada, An interactive approach for hierarchical parameter optimization, IEEE Pacific Visualization Symposium, 2008.
  6. H. Tachibana, T. Itoh, Visualization of Corpus Data by a Dual Hierarchical Data Visualization Technique, 12th International Conference on Information Visualization (IV08), Poster Session, 2008.
  7. S. Furuya, T. Itoh, A Streamline Selection Technique for Integrated Scalar and Vector Visualization, IEEE Visualization, Poster Session, 2008. (PDF)
  8. Y. Uchida, T. Itoh, A Visualization and Level-of-Detail Control Technique for Large Scale Time Series Data, IEEE Information Visualization, Poster Session, 2008. (PDF)
  9. T. Itoh, Y. Uchida, FRUITS Time: An Interactive Visualization Technique for Time-Varying Data, Fifth International Conference on Flow Dynamics, OS6-5, 2008.
  10. T. Itoh, H. Tachibana, Visualization of Corpus Data by a Dual Hierarchical Data Visualization Technique, the 7th NTCIR (NII Test Collection for Information Retrieval Systems) Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies, pp. 534-541, 2008. (PDF)
Conference Talks (in Japanese)
  1. 長澤, 渡辺, 伊藤, Web から入手したデータに基づくコード進行を利用した楽曲類似度の提案と楽曲視聴支援システムの開発, 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS2008), 2008.
  2. 伊藤, 宮崎, 小田, 長澤, 渡辺, 情報可視化手法「平安京ビュー」による音楽情報の一覧表示, 情報処理学会第128回ヒューマンコンピュータインタラクション/ 第75回音楽情報科学合同研究会, pp. 71-76, 2008. (PDF)
  3. 大山, 伊藤, 山下, 小山田, 進化的計算のためのビジュアルインタフェースEMACIを用いたシミュレーション, 第27回日本シミュレーション学会大会, pp. 321-324, 2008. (PDF)
  4. 伊藤, 大島, 岡本, 平安京ビューを用いた原子炉プラントシミュレーションの可視化, 第27回日本シミュレーション学会大会, pp. 325-328, 2008. (PDF)
  5. 宮崎, 伊藤, 重み付き最小二乗法を用いたクラッタリング回避技法の提案, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会第131回研究会, pp. 25-30, 2008. (PDF)
  6. 堀辺, 伊藤, PhotoLab: ユーザの思考を支援する画像閲覧インタフェースの開発, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会第131回研究会, pp. 31-36, 2008. (PDF)
  7. 薮下, 内田, 伊藤, FRUITS Movie 〜経路情報の要約可視化の一手法〜, 可視化情報学会第36回可視化情報シンポジウム, pp. 53-56, 2008. (PDF)
  8. 迫田, 伊藤, 伊勢, 宮下, クレジットカード不正履歴テストデータの特徴発見のための可視化とGUIの一手法, 可視化情報学会第36回可視化情報シンポジウム, pp. 57-60, 2008. (PDF)
  9. 長崎, 伊藤, 伊勢, 宮下, 相関性を考慮した大規模階層型データの可視化 ―クレジットカード不正履歴テストデータの可視化への応用―, 可視化情報学会第36回可視化情報シンポジウム, pp. 61-64, 2008. (PDF)
  10. 古矢, 伊藤, 気象シミュレーション結果の三次元可視化の一手法, 可視化情報学会第36回可視化情報シンポジウム, pp. 65-68, 2008. (PDF)
  11. 内田, 伊藤, FRUITS Time: 大規模時系列データの詳細度制御を利用した可視化, 可視化情報学会第36回可視化情報シンポジウム, pp. 69-72, 2008. (PDF)
  12. 薮下, 内田, 伊藤, FRUITS Route 〜経路情報の要約可視化の一手法〜, 可視化情報学会全国講演会, pp. 179-180, 2008.
  13. 長崎, 伊藤, 伊勢, 宮下, 相関性を考慮した大規模階層型データの可視化 ―クレジットカード不正履歴テストデータの可視化への応用―, 可視化情報学会全国講演会, pp. 181-182, 2008.
  14. 今泉, 伊藤, IGEL 〜ヒートカッターを模した3次元形状モデリング〜, エンタテインメントコンピューティング2008, pp. 127-130, 2008. (PDF)
  15. 山澤, 五味, 伊藤, CATの詳細度制御における代表画像の均一化, 第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2008), pp. 123-124, 2008.
  16. 今泉, 伊藤, IGEL 〜ヒートカッターを模した3次元形状モデリング, 第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2008), pp. 129-130, 2008.
  17. 堀辺, 伊藤, PhotoLab: ユーザの思考を支援する画像閲覧インタフェースの開発, 第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2008), pp. 141-142, 2008.
Books (in Japanese)
  1. 伊藤, 「立体映像技術-空間表現メディアの最新動向-」, 第2部第8章3「CAE分野」, シーエムシー出版, 978-4-7813-0038-2, pp. 239-242, 2008.
Article (in Japanese)
  1. 伊藤, 画像電子技術年報 2-5 ビジュアリゼーション, 画像電子学会誌, Vol. 37, No. 6, pp. 818-820, 2008. (PDF)
  2. 伊藤, グループ紹介:お茶の水女子大学伊藤研究室, 画像電子学会, Vol. 38, No. 1, 2009.
  3. 迫田(翻訳), 伊藤(監訳), Polaris: 多次元データベースの問い合わせ,分析および可視化のためのシステム (C. Stolte, D. Tang, P. Hanrahan, Polaris: A System for Query, Analysis, and Visualization of Multidimensional Databases), Communications of the ACM 日本語版, Vol. 8, 2009.
Seminar Talk (in Japanese)
  1. 伊藤, あらゆる業界に可視化技術を普及させよう −情報可視化技術の適用に関する最近の事例紹介−, 第14回可視化情報学会ビジュアリゼーションカンファレンス, 2008.
  2. 伊藤, 実空間と時空間における流体可視化, 宇宙航空研究開発機構 第2回EFD/CFD融合ワークショップ, 2009.
Student Events (in Japanese)
  1. 井元, 時系列データの三次元可視化の一手法, VIP 2008.
  2. 笠松, 動画像データの要約可視化インタフェースの一手法, VIP 2008.
  3. 草間, 楽曲データの抽象表現に基づいた一覧表示の一手法, VIP 2008.
  4. 白鳥, 大規模表形式データ可視化手法「左京と右京」を用いた文献データの可視化, VIP 2008.
  5. 町田, Lyricon:複数アイコンの自動選択による楽曲構成の可視化, VIP 2008.
  6. 今泉, IGEL〜ヒートカッターを模した3次元形状モデリング〜, VIP 2008.
  7. 迫田, クレジットカード不正履歴データの特徴発見のための可視化とGUIの一手法, VIP 2008.
  8. 長崎, 相関性を考慮した大規模階層型データの可視化−クレジットカード不正履歴テストデータの可視化への応用−, VIP 2008.
  9. 堀辺, PhotoLab:大量画像の3次元空間上における一覧可視化インタフェースの開発, VIP 2008.
  10. 薮下, FRUITS Route:経路情報の要約可視化の一手法, VIP 2008.
  11. 古矢, 気象シミュレーション結果の三次元可視化の一手法, VIP 2008.
  12. 山澤, CATの詳細度制御におけるサムネイルの均一化, VIP 2008.
  13. 井元, 時系列データの3次元可視化の一手法, IEEE Tokyo Young Researchers Workshop, C-1.
  14. 迫田, クレジットカード不正履歴テストデータの特徴発見のための可視化とGUIの一手法, IEEE Tokyo Young Researchers Workshop, C-10.
  15. 町田, Lyricon: 複数アイコンの自動選択における楽曲構成の可視化, IEEE Tokyo Young Researchers Workshop, C-11.
  16. 堀辺, Photo Surfing: 思考の派生を支援する,新しい写真の楽しみ方, IEEE Tokyo Young Researchers Workshop, C-12.
  17. 草間, 楽曲データの抽象表現に基づいた一覧表示の一手法, IEEE Tokyo Young Researchers Workshop, C-15.
  18. 薮下, FRUITS Route 〜経路情報の要約可視化の一手法〜, IEEE Tokyo Young Researchers Workshop, C-20.

Funding & Joint Work

Award

Students' Committee Work