Research

EFD/CFD融合可視化における圧力・速度場表現の一手法

research1
   
 航空機の機体周りの流速や,機体にかかる圧力・抵抗の計測は,航空機開発において非常に重要である.  特に衝撃波や機体の後方に生じる流れの渦は,機体の損傷や燃費の悪化を招く可能性があるので,重要な観察点となっている.
 流体現象の理解や分析のために,Experimental Fluid Dynamics (EFD) とComputational Fluid Dynamics(CFD)の2種類の手法の可視化・比較を行っている. EFD(風洞実験)は多少の誤差要因はあるものの,ある程度の信頼性を持った計測値が得られる.しかしEFDではランニングコストや使用可能日程の制限などから,実験回数を限定することも多い. 一方で,航空宇宙機開発をはじめとする多くの分野において,CFDに基づく計算機シミュレーション技術が広く用いられている. CFDを適用することで,複雑な流体現象をより容易に再現・可視化することが可能になるが,結果の妥当性の検証が必要である.
 そこで本研究では, 航空機の機体表面の圧力と機体後方における流速のEFD・CFD両者のスカラ・ベクタデータを比較する可視化技術を提案している. この技術により,ベクタ場におけるEFD/CFDの双方の誤差検証の課題の明確化とその解決に役立つだけでなく,EFD/CFDの圧力可視化と組み合わせることによって,圧力・流速の相関関係の考察に役立つと考えられる.

research2