Research

Research topic 1 : 記号列化した人流データからの特徴抽出と可視化

カメラで記録した映像データから人の歩行パターンや場所ごとの特徴を発見することで交通,防災,マーケティングなど多様な分野に役立つ情報を得ることが出来る.しかし,大量に蓄積した人流データの効率的な分析は未だ課題が多く,特にデータの圧縮とマイニングについては検討の余地がある.本研究では,SAX(Symbolic Aggregate Approximation) を拡張した UniversalSAX とランレングス符号化によって人流データを記号列化し,各地での滞在時間や交通量などの特徴を抽出して可視化する手法を提案する. 特徴的な点としては,人流の非類似度計算に重み付きレーベンシュタイン距離を導入した点,可視化機能を2段階に拡張し各地の流量などの概要表示,並びに具体的な歩行経路などの詳細表示を実装した点が挙げられる.