Research

Research topic 1 : 有向グラフ可視化

有向グラフは論文の参照関係やSNS上の人間関係などのデータを表現する際に用いられますが、これらのデータは情報量が膨大になることが多いため、大規模な有向グラフデータを対象とした可視化手法が有用です。具体的には、ノードに対してクラスタリングを適用し接続するクラスタが同じ束同士を合流させる形で描画することでクラスタ間同士の関係を曖昧性なく表示し、有向グラフデータの全体の構造を理解しやすくする有向グラフ可視化手法について研究をしています。