伊藤研究室が対象とする研究テーマは、専門用語でいうと、例えば以下のような分野に関係があると言えます。


また、伊藤研究室の研究成果は、専門用語でいうと、例えば以下のような分野への応用が試みられています。


このページでは、あえて上記のような専門用語に従った分類を用いずに、世の中にどのように役に立つ可能性があるか、という観点から伊藤研究室の研究テーマを分類して紹介いたします。




科学技術に関係ある研究 として、 製薬実験結果の可視化、遺伝子情報の可視化、蛋白質の表面形状の分析、 気象シミュレーション結果の可視化、原子力発電所のシミュレーション結果の可視化、 などを紹介します。



社会科学に関係ある研究 として、 新聞記事データベースの可視化、コンピュータネットワークの不正侵入の可視化、 クレジットカードの不正利用の可視化、などを紹介します。



画像に関係ある研究 として、 大量画像の一覧表示、部分画像の検索、顔画像の特徴追跡、などを紹介します。



音楽に関係ある研究 として、 楽曲提供を目的としたコンテンツブラウザ、楽曲の自動アレンジ、 楽曲のアイコン自動付与、などを紹介します。



制作に関係ある研究 として、 3次元キャラクタのスケッチモデリング、画像とCGの合成、などを紹介します。