Publication

Journal Papers
  1. 今泉, 伊藤, IGEL〜ヒートカッターを模した3次元形状モデリング〜, 芸術科学会論文誌, Vol. 8, No. 2, pp. 43-50, 2009. (PDF)
  2. 内田, 伊藤, 大規模時系列データの可視化と対話的な詳細度制御の一手法, 芸術科学会論文誌, Vol. 8, No. 2, pp. 108-119, 2009. (PDF)
  3. 古矢, 伊藤, スカラ場・ベクタ場同時可視化のための流線自動生成の一手法, 芸術科学会論文誌, Vol. 8, No. 3, pp. 120-129, 2009. (PDF)
Reviewed Conference Talks (in English)
  1. T. Itoh, C. Muelder, K.-L. Ma, J. Sese, A Hybrid Space-Filling and Force-Directed Layout Method for Visualizing Multiple-Category Graphs, IEEE Pacific Visualization Symposium, 2009. (PDF)
  2. R. Miyazaki, T. Itoh, An Occlusion-Reduced 3D Hierarchical Data Visualization Technique, 13th International Conference on Information Visualisation (IV09), pp. 38-43, 2009. (PDF)
  3. Y. Uchida, T. Itoh, A Visualization and Level-of-Detail Control Technique for Large Scale Time Series Data, 13th International Conference on Information Visualisation (IV09), pp. 80-85, 2009. (PDF)
  4. H. Imaizumi, T. Itoh, IGEL: A Virtual Heat Cutter for 3D Shape Modeling, The 8th ACM SIGGRAPH International Conference on Virtual-Reality Continuum and Its Applications in Industry (VRCAI), 2009. (PDF)
Conference Talks (in English)
  1. H. Yabushita, T. Itoh, A Summarization and Visualization Technique for Traffic Paths, IEEE Pacific Visualization Symposium, Poster Session, 2009. (PDF)
  2. M. Imoto, T. Itoh, A Similarity-Based 3D Time-Varying Data Visualization Technique, IEEE Pacific Visualization Symposium, Poster Session, 2009. (PDF)
  3. K. Shiratori, T. Itoh, Journal Visualization by a Dual Hierarchical Data Visualization Technique, IEEE Pacific Visualization Symposium, Poster Session, 2009. (PDF)
  4. H. Horibe, T. Itoh, PhotoSurfing: A 3D Image Browser Assisting Association-Based Photograph Browsing, NICOGRAPH International 2009. (PDF)
  5. S. Kasamatsu, T. Itoh, A Browser for Summarized Multiple Videos, NICOGRAPH International 2009. (PDF)
  6. A. Hayakawa, T. Itoh, K. Koyamada, N. Sakamoto, An Efficient Rectangle Packing for Improving the Performance of HeiankyoView, NICOGRAPH International 2009.
  7. K. Kusama, T. Itoh, MusCat: A Music Browser Featuring Abstract Picture and Zooming User Interface, International Symposium on Music Information Retrieval, Demo Session, 2009.
  8. W. Machida, T. Itoh, Lyricon -Visualization of Music Structure by Automatic Multiple Icon Selection-, International Symposium on Music Information Retrieval, Demo Session, 2009.
Conference Talks (in Japanese)
  1. 白鳥, 伊藤, 大規模表形式データ可視化手法「左京と右京」を用いた文献データの可視化, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2009. (PDF)
  2. 町田, 伊藤, Lyricon−複数アイコンの自動選択における楽曲構成の可視化−, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2009. (PDF)
  3. 草間, 伊藤, 楽曲データの印象表現に基づいた一覧表示の一手法, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2009. (PDF)
  4. 井元, 伊藤, 時系列データの三次元可視化の一手法, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2009. (PDF)
  5. 笠松, 伊藤, 動画像データの要約可視化インタフェースの一手法, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2009. (PDF)
  6. 小田, 伊藤, 音楽アイコン自動選択手法MISTへの音響データファイル適用の試み, 第8回NICOGRAPH春季大会, 2009. (PDF)
  7. 薮下, 内田, 伊藤, 経路情報の要約可視化の一手法, 画像センシングシンポジウム(SSII09), 2009.
  8. 古矢, 伊藤, スカラ場・ベクタ場同時可視化のための流線自動生成の一手法, 第28回日本シミュレーション学会大会, 2009. (PDF)
  9. 迫田, 長崎, 伊藤, 伊勢, 宮下, クレジットカード不正検出のルール作成支援のための情報可視化システム, 画像電子学会Visual Computing / 情報処理学会グラフィクスと CAD 合同シンポジウム, 2009. (PDF)
  10. 山澤, 五味, 伊藤, 平安京ビューの詳細度制御における上位階層表現の均一化の試み, 可視化情報学会可視化情報シンポジウム, 2009. (PDF)
  11. 野村, 伊藤, 山口, 画像ブラウザ「CAT」を用いた化粧の印象効果分析結果の可視化, 可視化情報学会可視化情報シンポジウム, 2009. (PDF)
  12. 町田, 伊藤, Lyricon−複数アイコンの自動選択による楽曲構成の可視化−, 情報処理学会第81回音楽情報科学研究会, MUS-81-18, 2009. (PDF)
  13. 草間, 伊藤, MusCat: 楽曲データの印象表現に基づいた一覧表示の一手法, 情報処理学会第81回音楽情報科学研究会, MUS-81-19, 2009. (PDF)
  14. 山田, 伊藤, 渡辺, 直感的選択に基づく画像処理ユーザインタフェースの一手法, ヒューマンインタフェースシンポジウム, 2009.
  15. 白鳥, 伊藤, 可視化手法「左京と右京」を用いた論文誌情報の可視化 〜 芸術科学会論文誌の傾向と分析 〜, 第25回NICOGRAPH論文コンテスト, 2009. (PDF)
  16. 川本, 伊藤, ウェブのアクセスパターンとリンク構造の同時可視化, 第25回NICOGRAPH論文コンテストポスターセッション, 2009.
  17. 中村, 伊藤, 蛋白質表面形状分析手法PROTEINによる蛋白質のポケット探索, 第25回NICOGRAPH論文コンテストポスターセッション, 2009.
  18. 林, 伊藤, MIDIを利用した楽曲の音楽構造可視化と詳細度制御手法, 第25回NICOGRAPH論文コンテストポスターセッション, 2009.
  19. 安田, 伊藤, キーワードの類似性を配置結果に反映した大量画像一覧可視化手法, 第25回NICOGRAPH論文コンテストポスターセッション, 2009.
  20. 伊藤, Muelder, Ma, 瀬々, 力学モデルと空間充填モデルの併用によるアイテム集合付きネットワークの可視化手法, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, CG-137-16, 2009. (PDF)
  21. 井元, 伊藤, 時系列データの三次元可視化の一手法, 画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ, 2009.
  22. 長崎, 伊藤, 伊勢, 宮下, 2変数詳細度制御を用いた大規模データの可視化, 第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2009), 2009. (PDF)
  23. 堀辺, 伊藤, 花火風に写真を眺めるブラウザ Phopperの試作, 第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2009), 2009. (PDF)
  24. 草間, 伊藤, MusCat: 楽曲データの印象表現に基づいた一覧表示の一手法, 第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2009), 2009.
  25. 町田, 伊藤, Lyricon−複数アイコンの自動選択による楽曲構成の可視化−, 第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2009), 2009.
Books (in Japanese)
  1. 伊藤, グループ紹介:お茶の水女子大学伊藤研究室, 画像電子学会, Vol. 38, No. 1, 2009. (PDF)
  2. 迫田(翻訳), 伊藤(監訳), Polaris: 多次元データベースの問い合わせ,分析および可視化のためのシステム (C. Stolte, D. Tang, P. Hanrahan, Polaris: A System for Query, Analysis, and Visualization of Multidimensional Databases), Communications of the ACM 日本語版, Vol. 8, 2009.
Seminar Talk (in Japanese)
  1. 伊藤, 実空間と時空間における流体可視化, 宇宙航空研究開発機構 第2回EFD/CFD融合ワークショップ, 2009.
  2. 伊藤, 情報可視化の普及に向けて, 可視化情報学会ビジュアルデータマイニング研究会, 2009.
  3. 伊藤, カリフォルニア大学デービス校訪問記, VIP2009, 2009.
  4. 伊藤, 国際会議報告「CG・可視化研究の最前線」-IEEE VisWeek 2008の報告, 画像電子学会秋季セミナー, 2009.
  5. 伊藤, カリフォルニア大学デービス校訪問記, 画像電子学会VCワークショップナイトセッション, 2009.
  6. 伊藤, 見えるようになる技術−視覚化・可視化の地平線, 日本デザイン学会平成21年度秋季企画大会, 2009.
Student Events (in Japanese)
  1. 五味, 「いつ,何処で,誰と」付加情報を用いた大量個人画像の一覧可視化手法, VIP2009.
  2. 今泉, IGEL 〜ヒートカッターを模した3次元形状モデリング〜, VIP2009.
  3. 迫田, クレジットカード決済履歴テストデータの特徴発見のための可視化とGUIの一手法, VIP2009.
  4. 長崎, 詳細度制御を用いた大規模階層型データの可視化, VIP2009.
  5. 堀辺, PhotoSurfing: ユーザの思考を支援する画像閲覧インタフェースの開発, VIP2009.
  6. 薮下, FRUITS Route:経路情報の解析インタフェースの開発, VIP2009.
  7. 井元, 時系列データの三次元可視化の一手法, VIP2009.
  8. 笠松, CFD・EFD間の数値差分の可視化, VIP2009.
  9. 草間, MusCat: 楽曲データの印象表現に基づいた一覧表示の一手法, VIP2009.
  10. 白鳥, アイテム集合付きネットワーク可視化手法“FRUITS Net” を用いたSNSにおける人物ネットワーク構造の可視化, VIP2009.
  11. 町田, Lyricon〜複数アイコンの自動選択による楽曲構成の可視化〜, VIP2009.
  12. 川本, ウェブのアクセスパターンとリンク構造の同時可視化, VIP2009.
  13. 黒川, 肌状態の印象評価システム, VIP2009.
  14. 中村, 蛋白質表面形状分析手法PROTEINによる蛋白質のポケット探索, VIP2009.
  15. 林, MIDIを利用した楽曲の音楽構造可視化と詳細度制御手法, VIP2009.
  16. 安田, 画像ブラウザ「CAT」による画像検索結果の一覧可視化, VIP2009.

Funding & Joint Work

Award